犬とアレルギー

Home » 犬とアレルギー

愛犬のスコティッシュテリアは、前の飼い主が飼えなくなって引き取ったときから既に皮膚の調子がよくありませんでした。身体をよく掻き、足を舐め続けていました。特に足は舐め続けたせいで菌が入ったのか、赤くはれ上がってしまっていました。
犬自体もかなりストレスを感じているようでしたので、動物病院に連れて行ったところ、重度のアレルギーではないかと言われ、血液検査をしてもらうことにしました。
すると検査結果に書かれているアレルギー項目のほとんどに反応が出ていることが分かりました。

特に気をつけなければならないのは鶏肉、小麦、米、コーン、大豆等の豆類なのですが、いずれも毎日あげているおやつやドッグフードに含まれているものでした。そして改めて考えてみると、時々ささみを茹でてドッグフードにあげていたのですが、その日は高い確率でお腹を壊していたのです。そんなに頻繁にはあげないので特に気にしていなかったのですが、その原因を知り愛犬に本当に申し訳ないことをしたと反省しました。

普段あげているドッグフードは鶏肉とコーンが入っていたのでそれは全て廃棄しました。スーパー等で売っているドッグフードを全て調べましたが、どれも愛犬のアレルゲンを含むものばかりでした。結局家の周辺では愛犬の食べられるドッグフードは見つからず、オンラインのサイトからじゃがいもと魚が原料になっているアレルギー対応無添加ドッグフード食を定期的に購入しています。

前よりはドッグフード代が高くなりましたが、前のように肉球の間が赤くはれてしまったり掻きむしったりすることはかなり減りました。ただし食事以外のアレルゲン(散歩中にあるイネ科やマメ科の雑草等)は対応が難しく、100パーセント問題がなくなったわけではありません。でも飼い主が出来ることは全てしようと思うので、シャンプー、掃除等も併せて頑張ろうと思います。