Author Archive » gomabackdog090

Home » gomabackdog090

コーギーの尻尾に関する豆知識

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」(以下コーギー)の尻尾についてのお話です。
ご存知の方も多いかもしれませんが、コーギーの尻尾は元々短いのではありません。
生まれて間もなく、目も開かない、感覚の発達していないうちに病院で切断してしまうのです。

元々コーギーはイギリスの牧場で牛を追いかける牧畜犬として働いていました。
長い尻尾はじゃまになったり、牛に踏まれてしまったりするので
切ってしまう習慣がついたそうです。

現代では牧畜犬ではなくペットとして飼われているので、尻尾がじゃまにはなりません。
動物愛護の観点からかわいそうだということで、尻尾を切らないようにする動きもあります。

日本ではまだまだ切ってしまう方が主流ですが、
出産前にあらかじめブリーダーに予約しておいたり、切断しない方針のブリーダーから購入することで、
尻尾の付いたコーギーを飼育することもできます。

尻尾は感情を表現したり、不安定な場所でバランスを取るのに役立ちます。
ですので尻尾を切ったコーギーは、歩くとき、喜びを表現したいときに
お尻をフリフリしてしまいます。そこがまた可愛いとも言えますが。

本来コーギーの尻尾がどんな様子かというと、太くて長いです。
体型の似ている「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の尻尾と同じような形です。
よくある色取りとしては、足先が靴下をはいたように白くなっているのと同様、
尻尾の先が白くなっています。
「天使を背負っている」などと言われる肩甲骨の当たりの模様と同様に、
尻尾の途中に模様が付いていることもあります。

犬はお尻が多少汚れても尻尾で蓋をしたり、汚れを払ったりできるのですが、
尻尾が無いと、どうしても肛門が丸見えになり、
室内外では部屋の床が汚れやすくなったりもします。

従来の見た目と変わるとイメージの修正が必要になるかもしれませんが、
これからコーギーを飼おうと考えている方はぜひ、尻尾の付いたコーギーを探してほしいです。

海を渡ったロットワイラー

 

昔私が海外に留学していた頃、実家で飼っていた犬が死んでしまい両親はひどく落ち込んでいました。当時私がホームステイしていた家のそばに動物保護センターがあったのですが、人間がくると必死に自分をアピールする姿が可愛そうで、近くにいながらも足を運んだことがありませんでした。ある時、友達が「両親に犬をプレゼントしてあげたらどうか」と提案してきました。何もわざわざ海外から犬をプレゼントしなくてもと気が進まないままセンターに行くことにしたのですが、到着してすぐに犬達の声が聞こえてくると、一匹でも助けてあげたいという気持ちでいっぱいになりました。
入口近くのケージに黒っぽい子犬がウトウトしていたので声をかけてみましたが、子犬は目を開けてチラッと見るだけで頭さえ上げずに寝ていました。その姿がなんともかわいく、また何かピンとくるものがあったのでその子を引き取ることにしました。後にサーシャと名付けられたその子犬はロットワイラーでした。親犬が虐待を受けていたのでサーシャ達兄妹も親と一緒に保護されたそうです。その日はサーシャをセンターに残し、両親に確認をしてから後日引き取りに来ると伝えました。電話にでた母親は大喜びで、まだその頃日本では珍しかったロットワイラーという犬種についてたくさん調べていました。
後日センターにサーシャを引き取りに行くとスタッフの方々はみんな嬉しそうにサーシャの新しい門出を祝ってくれましたが、日本へ行くことを伝えると様子が一変しました。どうやら日本では犬を食べる習慣があると思い込んでいたらしく、私たちが食べるためにサーシャを引き取るのだと勘違いをしているようでした。世界には犬を食べる習慣のある国もありますが、日本はそうではない、犬は家族の一員のように思っているということを一生懸命伝えました。最終的に理解してもらえ、サーシャは飛行機に乗って海を渡り、はるばる日本へとやってきたのです。
両親だけでなくご近所の皆さん、家の前を通る小学生達と、サーシャはみんなに可愛がられて幸せな日々を送っていましたが、数年前に天国へと旅立ってしまいました。今でも実家の庭にはサーシャの小屋が残っていて、時々そこにサーシャがいるような気さえします。動物を飼うと、死んでしまう時にとても悲しい思いをしますが、一緒に過ごした時間は一生の大切な思い出になります。

愛犬の痒みをスクワランで改善

我が家の愛犬は柴なのですが、夏になると決まって、お肌をかいてしまいます。
初めは、痒い所を一緒にかいて手伝ってあげてたのですが、良くなるどころか、一向に改善されませんでしたので、ヤキモキしていました。そのうち愛犬のピンクのキレイなお肌が、かきむしっていたために黒く色素沈着を起こしてしまいました。
我が家の愛犬は女の子ですので、なんだかかわいそうになってしまい、何かいい案はないだろうか…と考えていました。
毛を短くカットするサマーカットも考えてみたのですが、柴でサマーカットをしているお宅はいらっしゃらなかったので、それは断念致しました。
悩んでいると、そう言えば、私がお肌に湿疹ができたときに使っている、スクワランオイルはどうだろうか、と思い付きました。私は、ストレスがお肌にかかると湿疹ができ、そのたびにスクワランで治しておりましたので、もしかしたら愛犬にも効くかもと思いました。
我が家の愛犬は、それはそれは警戒心が強いですので、初めはなかなか付けさせてくれませんでした。でも、できるだけ自然に痒がっている部分に付けてみたところ、初めは効果がなかったのかなと思っていたら、徐々にかくのを止めて、落ち着き始めました。
黒くなった色素沈着はそのままだったのですが、なんだか痒みは治まったらしく、次から私がまた付けようとすると、大人しくジッとしてくれました。普段から、母が歯磨きをしたり、お耳掃除をしたりする時も、ジッとしてくれなく、なかなか手こずる愛犬ですが、その愛犬がジッとしていましたので、よほど効果があったのかなと感じました。
スクワランは、ずっと昔からある皮膚病に効くものと聞いたことがありますので、本当に効果があって良かったです。来年からは、色素沈着が起きる前に、少しずつ付けていってあげようかなと思っております。

ウェルシュ・コーギー・ベンブローグ

私は犬が好きです。
子供のころは紀州犬と雑種の間に生まれた子犬を親が貰ってきたので飼っていました。
白い犬を見ると、当時のことを思い出して、思わず振り返って見てしまいます。

私が今一番好きな犬種は柴犬です。
柴犬は多くの人が飼っていて、散歩をしているのをよく見かけます。
柴犬には赤の首輪がよく似合いますね。

以前はコーギー犬が一番好きでした。
お尻をふりふりしながら、短い脚で一生懸命に歩く姿はとても可愛いです。
足は短いですが、太くて丈夫そうです。
いつも笑顔なところも好きです。

私の知人でコーギー犬を飼っている人がいます。
たぶん、ウェルシュ・コーギー・ベンブローグだと思います。
2匹いるので、散歩が大変なようです。
しかも朝と夕方と散歩をきちんとしなければいけないようです。

コーギー犬は運動量がかなり多いので、たくさん運動をしてあげないといけないそうです。
見た目とはずいぶん違うものだなと感じました。

ウェルシュ・コーギー・ベンブローグはイギリスのウェールズが原産地のようです。
ウェルシュ・コーギー・ベンブローグはもともと牧羊犬だったので、かなり走り回っていました。
その名残のせいか、見た目と違って動きが速く、体力もあり、運動はかなりさせてあげないといけないようです。

ウェルシュ・コーギー・ベンブローグは飼い主に忠実で楽しいことが大好きな社交的な性質をもった犬です。
友好的で人懐っこい性格も人気のある理由の一つでしょう。

エリザベス女王に愛された犬としても有名ですね。

ときどきコーギー犬と飼い主が道端でくつろいでいる光景を目にします。
リラックスしてまったりしていて、とても幸せそうです。
ワンちゃんがいる暮らしはとても楽しく生き生きとしていますね。